香港で写真にはまる

香港に住んでいるときに一時写真にはまったことがありました。
下手くそなのは言うでもありません。

道具なんですが、元来天邪鬼なのでCANONとかNIKONには目もくれずライカM8の程度の良いものを中古で買いました。ネットで知り合ったマカオの方から譲ってもらったのですがその方が親切な方で現物確認のためわざわざ香港まで来てくれたり、その後も使い方、扱い方など色々と教えてくれました。それでも腕の方は全然上達はしませんでしたけど(笑)


カメラを調達したまでは良かったのですがライカ純正レンズを買う財力などあるわけも無くCOSINAvoigtlanderで香港の風景を切り取り始めました。カメラをカバンに潜ませておいて面白いとか気になる光景に出くわすとパチリ。そういう日々が楽しかったです。その時の名残がこちらにあります。

そうこうしているうちに老眼がすすみレンジファインダーを覗くのが段々と億劫になりカメラを持ち歩くことも少なくなった矢先日本に帰国したのがきっかけですっかりご無沙汰になっちゃってます。道具はクローゼットの奥の方に突っ込んだままでここ2年ほど触っていません。カビだらけになっているのではないかと内心ドキドキです。

そろそろ仕事も落ち着いてきたし引っ張り出してこようかなと思いつつ幾年月・・・・
何かこれと言ったきっかけが無いと始められそうにありませぬ。

こちらの記事のシェア・いいねをどうぞよろしくお願いします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です