Windows 11にKaliを入れてみた

さて、手持ちのデバイスにどんどんKali Linuxを入れてしまうこの企画、次はデスクトップPCです。
対象のPCは半年くらい前に組んだものでWindows 11が稼働しており、今回はWSL(Windoows Subsystems for Linux)を利用します。この環境でLinuxはサクサク動くのでLinuxマシンを別途用意する必要性は全く感じません。 

ステップ1

Win+Rでファイル名を指定して実行を開き、optionalfeaturesと入力しOK
(Winメニュー→コントロールパネル→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化 でも同じ)

Windowsの機能の有効化または無効化でLinux用Windowsサブシステムを有効にしてOK。しばし必要なファイルの収集が実行され、再起動などの手順を踏んで設定完了。
(この際にCPUがAMD Ryzenの場合は仮想環境サポートをONにしろと言われるのでBIOS画面から該当項目をONにする必要があります。Intel CPUの場合はこの機能が元々ONになってますがAMDの場合はONになっていないので注意が必要。)

無事に再起動されたらWSLを導入します。1)か2)のどちらかで導入してください。

1)Windows Powershellを起動し wsl –install でインストール
2)Windows Storeから wsl を検索しインストール

2)の選択肢でアプリ版をインストールした場合はWinメニューからwslで検索し、不細工なペンギンが現れたらインストールできてます。

ステップ2

Windows Powershellを管理者権限で開いて下記のコマンドを実行するとKali Linuxのパッケージがインストールされます。(コマンドラインからインストールできない場合はMicrosoft StoreからKali Linuxをインストール

wsl --install -d kali-linux
インストール中: Kali Linux Rolling
Kali Linux Rolling はインストールされました。
Kali Linux Rolling を開始しています...

インストールが完了するとユーザー名とパスワードの入力を求められますのでLinux上で使用したいユーザー名とパスワードを入力してやるとOKです。

Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: reveil
New password:
Retype new password:
passwd: password updated successfully
Installation successful!
┏━(Message from Kali developers)
┃
┃ This is a minimal installation of Kali Linux, you likely
┃ want to install supplementary tools. Learn how:
┃ ⇒ https://www.kali.org/docs/troubleshooting/common-minimum-setup/
┃
┗━(Run: “touch ~/.hushlogin” to hide this message)

インストールはできたのでひとまずアップデートをば・・・

└─$ sudo apt update
[sudo] password for reveil:
Get:1 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling InRelease [30.6 kB]
Get:2 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/main amd64 Packages [18.9 MB]
Get:3 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/non-free amd64 Packages [237 kB]
Get:4 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/contrib amd64 Packages [111 kB]
Fetched 19.2 MB in 19s (1,011 kB/s)
Reading package lists... Done
Building dependency tree... Done
Reading state information... Done
145 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.

145もあるのでしばらく時間かかりそうです。気長に待ちます

└─$ sudo apt upgrade -y
Reading package lists... Done
Building dependency tree... Done
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
The following NEW packages will be installed:
  libbpf1 libfile-find-rule-perl libgdbm-compat4 libgdbm6 libnumber-compare-perl libperl5.36 libtext-glob-perl perl
  perl-modules-5.36 usrmerge xxd
The following packages will be upgraded:
  adduser apt apt-utils base-files base-passwd bash bind9-dnsutils bind9-host bind9-libs bsdutils coreutils cpio cron
  cron-daemon-common curl dash debianutils diffutils dmsetup dnsutils e2fsprogs fdisk gcc-12-base gpgv grep ifupdown
  init init-system-helpers iproute2 isc-dhcp-client isc-dhcp-common kali-defaults kmod libapparmor1 libapt-pkg6.0
  libaudit-common libaudit1 libblkid1 libbrotli1 libbsd0 libbz2-1.0 libc-bin libc-l10n libc6 libcap-ng0 libcom-err2
  libcrypt1 libcryptsetup12 libcurl4 libdebconfclient0 libdevmapper1.02.1 libedit2 libelf1 libext2fs2 libfastjson4
  libfdisk1 libffi8 libgcc-s1 libgcrypt20 libgmp10 libgnutls30 libgpg-error0 libgssapi-krb5-2 libhogweed6 libidn2-0
  libjemalloc2 libjson-c5 libk5crypto3 libkmod2 libkrb5-3 libkrb5support0 libldap-2.5-0 libldap-common
  liblocale-gettext-perl liblz4-1 liblzma5 libmount1 libnettle8 libnewt0.52 libnftables1 libnftnl11 libnghttp2-14
  libpam-modules libpam-modules-bin libpam-runtime libpam0g libpcre2-8-0 libpopt0 libprocps8 libreadline8 libsasl2-2
  libsasl2-modules libsasl2-modules-db libseccomp2 libselinux1 libsemanage2 libslang2 libsmartcols1 libss2 libssl3
  libstdc++6 libsystemd-shared libsystemd0 libtasn1-6 libtext-charwidth-perl libtext-iconv-perl libtext-wrapi18n-perl
  libtirpc-common libtirpc3 libudev1 libunistring2 liburing2 libuuid1 libuv1 locales-all login logrotate logsave
  lsb-base mount netbase nftables openssl passwd perl-base plocate procps publicsuffix readline-common rsyslog
  sgml-base sudo systemd systemd-sysv sysvinit-utils tree tzdata udev util-linux util-linux-extra vim-common vim-tiny
  whiptail whois zlib1g
145 upgraded, 11 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 69.4 MB of archives.
After this operation, 47.5 MB of additional disk space will be used.
Get:1 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/main amd64 base-files amd64 1:2022.4.0 [54.7 kB]
Get:2 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/main amd64 libc-l10n all 2.36-4 [672 kB]
Get:3 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/main amd64 locales-all amd64 2.36-4 [10.7 MB]
Get:4 http://kali.cs.nctu.edu.tw/kali kali-rolling/main amd64 libc6 amd64 2.36-4 [2,747 kB]

ここまででインストールできたのは簡易バージョンでKaliに期待している数々のToolは省かれています。
Toolを補完します。

└─$ sudo apt install -y kali-linux-headless

これがまた結構時間かかります。
途中でキーボードタイプとかいくつか選択を迫られますが自分の環境に応じてOKしましょう。
無事に完了すれば一連のインストール作業は完了です。ご苦労様でした。

私はヘッドレスが好みなのでヘッドレスをいれてますが、その他にもいくつかパッケージがありますのでこちらを参考にしてお好みのものを選んでください。デスクトップ環境が欲しい場合はkali-linux-defaultあたりで。

  • kali-linux-core: Base Kali Linux System – core items that are always included
  • kali-linux-headless: Default install that doesn’t require GUI
  • kali-linux-default: “Default” desktop (amd64/i386) images include these tools
  • kali-linux-arm: All tools suitable for ARM devices
  • kali-linux-nethunter: Tools used as part of Kali NetHunter

それでは快適なkali lifeを!

 

ちなみに他にもUbuntuとか他のLinuxもインストール可能です。
お好きなものをどうぞ

wsl.exe --list --online
インストールできる有効なディストリビューションの一覧を次に示します。
'wsl.exe --install <Distro>' を使用してインストールします。

NAME               FRIENDLY NAME
Ubuntu             Ubuntu
Debian             Debian GNU/Linux
kali-linux         Kali Linux Rolling
SLES-12            SUSE Linux Enterprise Server v12
SLES-15            SUSE Linux Enterprise Server v15
Ubuntu-18.04       Ubuntu 18.04 LTS
Ubuntu-20.04       Ubuntu 20.04 LTS
OracleLinux_8_5    Oracle Linux 8.5
OracleLinux_7_9    Oracle Linux 7.9
この記事がお気に召しましたらシェア・いいねをよろしくお願いします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です