新地下鉄構想

神戸で新しい地下鉄構想がスタートしています。

神戸空港には2030年頃をメドに国際線が就航することが決定されており、それにあわせて利用客増を見込んでの動きのようです。つまり神戸の中心三宮と神戸空港を新しい地下鉄で繋ごうというプロジェクトです。

神戸空港に国際線が就航すると年間約700万人の旅客が往来すると予想されています。
これはこれまで過去最高だった2019年の329万人の約2倍の数字。
現在三宮から神戸空港へはポートライナーで移動することができますが朝夕は結構込みます。利用客が2倍に増えるとポートライナーだけで増加する旅客をカバーできそうにないことは容易に想像できます。

三宮から神戸空港までの約8キロをどのように結ぶかは今年から始める調査を元に絞りこまれるようですが、ポートアイランドの西側を通す案と中心部を通す案が有力なようです。

建設費用は2400億円ほどと予想されておりこれを運賃収入だけで賄えるのかどうかという非常に基本的な問題も解決しなければなりません。

海の玄関として発展してきた神戸、空の玄関として新しいスタートを飾るためにもぜひ成功させて欲しいプロジェクトです。

この記事がお気に召しましたらシェア・いいねをよろしくお願いします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です