スマホバッテリーその後

昨年8月にHuawei Mate 20 Proのバッテリーがへたってきたことを記事にした。
あれから5カ月余り、状況は更に悪くなっている。

100%満充電で自宅を出発、昼食を食べ終えた頃には残量30%以下で青色吐息。
午後に一度追加で充電しないと帰宅前にはバッテリ残量ゼロになってしまう始末。
これはもうバッテリーを交換するしかないということで再度ハノイ市内にあるHuaweiのサービスセンターに電話で問い合わせてみた。

幸いにもバッテリーの在庫は3個あるとのことで、交換費用は60万ドンほど、交換作業は1時間半ほど掛かるとのことなので朝いちばんに持ち込むことに。

待ち時間が面倒なので運ちゃんにお使い頼んじゃった・・・(笑)

というわけで翌日朝イチでサービスセンターに持込んでもらったスマホのバッテリ交換が終わった頃を見計らって引き取りへ。

ドアを開けるとそこにはデスクが4つ横に並べられているだけのちょっと寂しい感じのオフィス。

一応壁にはHUAWEI CUSTOMER CENTERディスプレイがある。
Google Mapsの画像と比べると随分縮小されており同社の市場での勢いを象徴していると思った。

NOKIAのサービスセンターも兼ねているみたい。どうやらメーカー直営ではなくて正規代理のようです。

ちょうど交換作業が終わったところだったので代金65万ドンを支払ってスマホ回収。

粘着テープで貼り合わされているので2時間ほど輪ゴム緊縛の刑です。
交換したバッテリー、どれくらい改善されたのか楽しみにしつつまずは充電しなきゃ。

この記事がお気に召しましたらシェア・いいねをよろしくお願いします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です